一生をかけられる仕事とはなんだろう?

そう思った時からあなたが始まる。

転職をイメージすることは、生き方を再発見することではないでしょうか?

企業や年収に関係なく、その人が一生をかけてもいいと思える仕事、

それこそが未来を照らしていくはず。

今、ネット上には、多数の求人情報が飛び交っている。

しかし、だからこそ、本当に自分のやりたい仕事が見つけにくくなっているのかもしれない。

仕事を探すときに、今一度、自分自身が何をやりたいのか、これから先どうなりたいのか、

見つめなおすといいのではないかと思う。

また、じっくり時間をかけて求人情報を検討して応募したはずなのに、いざ働きはじめて

「こんなはずじゃなかったのに……」

と後悔した経験をお持ちの方も多いはず。

仕事選びとは、まさに人生の一大転機。誰もが絶対に失敗したくないと思っているはず。

そのためには、

1、自分のライフスタイルに合っているか?

2、実際に働く自分の姿をイメージできるか?

3、入社後、どう成長できるか? 

4、将来の展望を示してくれるか?

といった内容をよく確認した上で、選ぶ必要があるのではないか?

給与や勤務時間などの労働条件がいいだけではなく、新たな環境に身を置くことで、

スキルを伸ばすことができたり、数年後のキャリアアップの展望が拓けるだろう。

そして、仕事だけでなく、充実した生活を送れることこそが、

仕事を続けていく上でも重要となってくる。

人は収入だけあればいい、というものではない。

何の為に収入を稼ぐのか、それを考えている人こそ、満足のいく生活ができるのだと

私は考える。

収入はあるが、何も趣味がない。一緒に過ごす人がいない。使い道がない。

それでは収入を稼ぐ意味もなくなるだろう。

私たちは楽しみがあってこそ、生きる気力もわいてくるし、努力もするのでは

ないだろうか。

楽しみは人それぞれ違うはず。

旅行が好きな人、釣りが好きな人、食べ歩きが好きな人、ショッピングが好きな人、

千差万別である。

しかし、それを見つけていることが、人生にとっての財産ではないだろうか。

今、何の趣味も持たず、やりたいことも見つけられない人が増えているように思う。

ゲームにはまり、現実逃避をする人も多いのではないだろうか。

結論を言えば、自分に合った仕事を見つけ、自分が楽しめる趣味を持った人間こそが、

人生をよいものにすることができる。そのためには、自分探しから始める必要があるのではないだろうか。