• ホーム
  • メイン情報
  • お問い合わせ
  • パソコンを活用し空いた時間に楽しみながら仕事できる!


    今や時代はインターネット時代の到来! パソコンで仕事ができると、ちょっとした副収入が得られますよ。 「でも、パソコンで仕事するには、資格を取るための勉強をしたり、技術を身につけないといけないんじゃないの?」と疑問に思う人も多いですよね。パソコンを使う仕事には、幅広いので、ハイクオリティな仕事をしようと思えば、それなりに勉強にかける時間とパソコンスクールに通ったり、費用もそれなりにかかります。 でも、パソコンの仕事には、メールを打てるぐらいの技術があれば、副業ができますのでご紹介したいと思います。 ブログは無料で開設できて、自分の趣味や毎日の出来事など思いのままに書けて、全国各地の人と楽しい交流ができます。 パソコンの仕事には、ブログライターという仕事があります。 自分が普段使用しているブログ、または仕事用に新たにブログを開設して、指定された消費やサービスに関する体験談や感想、商品やサービスの概要などについて投稿する仕事があります。または、業者さんのほうからブログアドレスを指定されて、投稿することもあります。 業者さんによって、単価が異なりますが、1文字あたりの単価を定めているところもあれば、1記事400文字程度で200円といった形で決められているところもあります。 1か月続けると、まとまった副収入になりますね。 このような副業なら、とくに資格も特別な技術も必要ないので、時間に少しゆとりがある人なら、誰でもできるのが魅力! 文章を書くのが好きな人、いろんな商品やサービスに関心の高い人、観察力が鋭い人などに向いています。 資格はなくても、継続は力なり! 経験を重ねてパソコンの操作にもだんだん慣れて、キーボードを打つスピードも速くなれば、仕事をこなすペースが速くなり、複数のブログで投稿して、ガッツリ稼ぐことも夢ではありませんね。 パソコンでできる仕事の中では、もっとも簡単な仕事で、最近はインターネットで検索の上位に上がることが重要視されていて、SEO対策の商品記事などはニーズが高いので、おススメです。では、このような仕事はどうやって探せばいいの?と興味がわいたら、まずは「SOHO ライティング」というキーワードで検索してみるといいでしょう。 最初はあまり高い時給は期待できないかもしれませんが、数をこなすことで、どんどん時給もアップできるので、自分の頑張り次第で収入アップが期待できる仕事ですね。 子育てや介護で、なかなか外に出られない、なにか家でできる仕事がないかなと探している人にピッタリの仕事です。

     

    絵画教室で副業しよう


    今、OLやサラリーマンをしているけど、もともと絵が好きで絵画のコンクールに入選した経験もあるし、美大出身なのでなにかその特技を仕事に活かしたい!という方は多いようですね。 もちろん、絵を描くことだけを仕事にして食べていくのは大変ですが、休日を利用して絵画教室を開いたり、自分で手作りした絵画や陶芸作品を展示販売したり・・・といった形で、副業ができますね。 絵の先生になるなら自宅を絵画教室にして、看板やチラシを作成して生徒募集をしてみてはいかがでしょう。 平日はサラリーマンやOL、休日には自分の趣味と実益を兼ねて副業をするなんて、素敵なライフワークですよね。 副業として最適であることはもちろん、自分が好きなことが活かせて、やりがいがあります。絵画教室を開くといっても、その人がどの程度まで絵が描けて、教えられる力量があるかによって、指導スタイルも大きく変わってきます。 子ども向けの絵画教室を開く人もいれば、本格的に美大を受験するための指導にあたる人もいますね。 教える内容のレベルが高ければ高いほど、お月謝も増えて、生徒数が多いほど収入アップにつながります。 水彩画が好きな生徒には水彩画を、彫刻画が好きな人には彫刻画を教えるなど、タイプやレベルに応じて指導ができるのが魅力ですね。 中高年世代の方には、絵手紙が人気です。幼稚園や小学生なら粘土作りなどもいいですね。 絵を教える仕事は、本業があるうちは副業ですが、退職したあとには本業として本格的に取り組むことができます。まさに芸は身を助けるといった感じですよね。 絵画教室では、絵の具や粘土など、レッスンに必要な道具を購入して揃えるなど、準備が必要ですね。 ところで、絵画教室を開くのに効率の良い生徒募集の方法をお教えしましょう。 チラシを作成して配布する前に、絵画教室生徒募集のホームページを作成して、チラシにホームページアドレスや検索キーワードを入れておくといいでしょう。 チラシはA4サイズやB4サイズ程度で大きさが限られていますが、絵画教室の写真や先生の作品など、ホームページに掲載しておくと、興味が持てるようになり、生徒募集も効率よくできますよ。 ホームページを持つのが面倒なら、無料のブログをレンタルしてもいいでしょう。 自宅で絵画教室を開くのが難しいなら、カルチャーセンターや公民館などで教室を開く方法もありますね。絵を描くことは情操教育にもなり、心の癒しにもなります。 では、絵画教室の副業をしている人の体験談をご紹介しましょう。 「平日はOLをしていて、休日に自宅で絵画教室をしています。子どもの頃から絵を描くのが好きで、美大出身です。毎週は大変なので、月2回1レッスン2時間で教えています。生徒募集は、ホームページを作成してチラシを配りました。ホームページでは、絵画の作品も掲載しています。年齢に関係なく、体験レッスンも随時募集しています。絵がある生活はとても楽しくて、忙しい毎日の中にも心にゆとりが出てきますね。中高年の方が絵を趣味にしている生徒さんがいて、作品作りも楽しそうです。」といったコメントが寄せられています。 20代のOLで絵を描くのが好きな方から、このようなコメントが寄せられています。 「私は絵を教えるよりも、描くことに携わりたいと思い、平日はOLをしながら絵本のイラストの仕事をしています。きっかけは、ある出版社に絵を見ていただく機会があり、仕事できるようになりました。パステルタッチの色使いの絵がとても好評で、できあがった絵本を見るのが楽しみです。

     

    女子力は今


    男女雇用均等法が施行されて25年。政財官界は相変わらず男性が主体ですが、「なでしこジャパン」のような女子力を探してみました       開発途上国で自らの技術や経験を生かす青年海外協力隊は1965年の派遣開始以来、男性が多数を占めていますが、99年に女性が逆転。今では応募段階から女性が3分の2を占めています。途上国からの派遣要請に男女の区別はほぼありません。女性は極めて意識が高く、協力隊の経験を自分のキャリヤに生かすことをしっかり考えて志願しています。

          

     

    更新情報