この明細はハイパーテキスト・マークアップ言語(HTML)(ワールド・ワイド・ウェブの公表する言語)を定義します。 この明細はHTML 4.01を定義します。それはHTML 4の破壊です。 HTML(HTML 3.2[HTML32]およびHTML 2.0[RFC1866])の旧バージョンのテキスト、マルチメディアおよびハイパーリンク特徴に加えて、HTML 4は、不能を持ったユーザに、よりアクセス可能な言語、スタイル・シート、よりよい印刷機能およびドキュメントをスクリプトにして、より多くのマルチメディア・オプションをサポートします。 HTML 4は、さらにウェブを本当に世界的に作るゴールと共に、ドキュメントの国際化への大きなストライドをとります。 HTML 4は国際基準ISO 8879に一致するSGMLアプリケーションです -- 汎用マークアップ言語規約[ISO8879]。 このドキュメントのステータス このセクションは、その出版の時にこのドキュメントのステータスについて記述します。 他のドキュメントはこのドキュメントに取って代わるかもしれません。 このドキュメント・シリーズの中で最新のステータスはW3Cで維持されます。 このドキュメントはHTML 4.01を指定します。それは仕様書のHTML 4ラインの一部です。 HTML 4の最初のバージョンは、1997年12月18日に1998年4月24日に公表され、改訂されて、HTML 4.0[HTML40]でした。 このスペックは最初のHTML 4.01推薦です。 それはHTML 4.0の4月24日のバージョン以来非社説変更を含んでいます。 例えば、DTDへのいくつかの変更がありました。 この、HTML 4.0のドキュメントobsoletes旧バージョン、W3Cはそれらの仕様書とそれらのDTDをW3Cウェブサイトで利用可能にし続けますが。 このドキュメントはW3Cメンバーおよび他の利害関係者によって調査され、W3C推薦としてディレクターによって支持されました。 それは安定したドキュメントで、参考資料として使用されるかもしれないか、別のドキュメントからの標準の参照として引用されるかもしれません。 W3Cの推薦をすることにおける役割は、スペックに注意を引き、その広範囲の配備を促進することです。 これは、ウェブの機能性および相互運用性を増強します。 W3Cは、ユーザ代理人および著者(および項目、オーサリング・ツール中で)がHTML 4.0ドキュメントではなくHTML 4.01ドキュメントを提示するように勧めます。 W3Cは、著者がHTML 3.2ドキュメントの代わりにHTML 4ドキュメントを提示するように勧めます。 後方互換性の理由で、W3Cは、さらにHTML 4を解釈するツールが同様にHTML 3.2およびHTML 2.0をサポートし続けるように勧めます。 HTMLの次世代に関する情報のために、「拡張可能なハイパーテキスト・マークアップ言語」[XHTML]、W3C HTML活動およびW3C技術報告書のリストを参照してください。 このドキュメントはW3C HTML活動の一部として提示されました。 HTMLワーキンググループ(会員制)のゴールはHTMLワーキンググループ憲章(会員制)で議論されます。 現在のW3C推薦および他の専門文書のリストはhttp://www.w3.org/TRで見つけることができます。 HTML特徴に関する公の議論は[email protected]([email protected]のアーカイブ)の上で起こります。