自動相互リンクの仲間になりませんか

 

ほったらかしでSEOに強くなる相互リンク

あなたのすることは、

  1. 仲間になる登録をする。
  2. リンク通信ソフトをあなたのWEBサイトに設置する。
  3. 相互リンクするサイトの登録をする。

この3つだけ!!!

あとは、ほったらかしでOK!! SEOに強いXHTMLのリンクページか自動生成されます。

ページ数の多いサイトほどSEOに有利。仲間が増えれば被リンクも増え、リンクページも増えていきます。

リンク切れが発生すれば、自動で削除します。

これが、自動相互リンクの「勝手にリンク」システムです。

完全自動相互リンクだからできる SEO対策

それがIP分散による被リンクです。

インターネット世界で人はドメイン名を使って目的のサイトと接続しますが、コンピュータの世界では、ドメインと対応したIPアドレスを使って接続します。

違うドメイン名で、同じIPアドレスで複数の運用が出来ます。そして、IPアドレスの数値がが近いと同一会社の可能性が高いので、検索エンジンによっては、掲載順位を下げてしまうものもあります。

それに対応したのが『IP分散』です。近いIPアドレスのサイトの被リンクがたくさんあるとSEOに不利というわけです。

人の手で行った場合、相手の被リンクサイトのIPアドレスの管理をして相互リンクするかどうかを判断することは不可能に近いです。

完全自動相互リンクシステムだから、出来ることです。SEOに強いサイト作り、始めませんか?

のんびり被リンク リンクスバム対策

人の手で、相互リンクをすれば、ある日突然に40、50とたくさんの相互リンクができることは、ほとんどありません。

検索エンジンでは、この事を監視しています。一度にたくさんの被リンクがあった場合、SEOに対して不正をしたと見なしてしまいます。リンクスパムです。

一度にたくさんの被リンクをするのはリンクスバムとされて、SEOに対して逆効果となってしまいます。

自動相互リンクの「勝手にリンク」システムは、被リンクが増やせる状態であれば、より人の手で行ったのと同じように1日に増やせる被リンク数を設定範囲内で、ランダムに決めて増やしていきます。

SEOの効果を出すには、数ヶ月という時間が必要です

PR







私のおすすめ